So-net無料ブログ作成

住宅の傾いた床をリフォームも兼ねて安く修繕する方法  [建築工事の現場]

住宅の床が経年や欠陥により傾く事例が時々あります。
ビー玉が転がってしまう床がよくテレビで”欠陥住宅!”として度々取り上げられます。
初期欠陥であれば瑕疵として保証されるべきですが、
20年や30年などといった長期の経年変化として徐々に
床が傾いてくることもあります。

原因としては建物の基礎の不良や軟弱な地盤などに起因
する不同沈下が多いように思われます。

床の傾きを根本的に修繕するとなると、ジャッキアップや
地盤改良など百万単位の費用が掛かるかなり大がかりな
工事が必要になってしまうことがあります。

費用を安く抑える修繕案として、床組の改修によって
リフォームを兼ねた工事を行う事で費用を抑えつつ、
床の傾きを直すという考え方もあります。
根本的な床の傾きの修繕とは言えないかも知れませんが、
この方法ですと、面積にもよりますが数十万程度の費用でも対応が可能になります。

長期間(20年や30年など)を経て傾いた床であれば、
その経年変化もほぼ収まっている(収束している)場合もあり、
修繕工事後に改めて床が傾いてくる可能性は少ないと考えられることもあります。

また、ある程度古くなった住宅に今さら百万単位の費用を掛けて
基礎や地盤の改修を行なうことも現実的でないという場合もあります。

工事業者さんが提案する高額な工事見積だけが解決策ではないかも知れません。

P1140751-s.jpg

▲床の撤去をおこない、床組を改修している状況
(写真手前:束石があるのに束がない!この部分も併せて修繕します。)  

DSC05705-s.jpg                                                                                                   ▲床の改修と合わせて壁の耐震補強や台所廻りのリフォームも実施

 当社HP http://www011.upp.so-net.ne.jp/techno/



共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。